マグノリアが見える部屋

kibohope.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 20日

大寒の朝に

f0300346_20493251.jpg



時差8時間を超えて

深夜1:00のBerlinのあなたと会話した

−11度の大寒の朝。


良いアパートがあって 引越しをしたことや

ルームメイトはオーストラリア人でいい奴だと

イタリア人の友人は 2年間世界旅行をして

つい最近 就職したこと

ドイツ語には おもったより苦戦していることなど

他愛ない話をしながら....


ここには

いろんな人がいて

いろんな言葉があって


世界はとても広くて

とんでもなく たくさんの考えや方法があると...

学ぶことが 学びたい事が たくさんあるよ。

NYCにいた頃は、僕は随分子供だったね。

限られた場所の限られた人間関係

自分の世界の狭さに縛られていると

ウンザリだと思っていたけど。


誰のせいでもない...

それを 選択していたのは...僕だったんだね。

もう

誰かの感情に左右されて
僕の気分が塞ぐことはないよ

ちゃんと「 NO」も言えるさ
「NO」は 僕自身を守ってくれる言葉だとわかったよ


長いまわり道が無駄だとも思わないし

失敗だとも思わないよ。

人生は困難なものだと 受け入れたんだ。

あなたの言葉を聞きながら

私は ずっと泣いていた。


愛されても

精神的に成長出来ない人を愛すのは

痩せた土地に種まきするのと同じ位

力の浪費 消耗だという

スコット・ペックの言葉が

不安を襲うように

私の「大丈夫」を揺らし


何度も諦めそうになったのに...



届いたんだね。

あなたに ちゃんと届いたんだと

愛は感情ではなく、意志と行動だと信じ続けたことが

真っ直ぐに正直に


あなたが 証してくれた朝。



「いつ 会えるの?」と聞いたら

「すぐに、夏になる頃には帰るから」と答えてくれた。


一年で一番寒い朝に

私は

一年で一番温かい気持ちになった。



「ありがとう。」




Blessing you...
[PR]

by mag-no-lia | 2014-01-20 21:35


<< 光る朝に      そらに >>