マグノリアが見える部屋

kibohope.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 13日

雨の日の窓に

f0300346_18555953.jpg



久し振りに ゆっくりする時間が与えられ

窓の傍に立ち 雨の降るのを ぼんやりと眺める

見えるのは 隣のビルと
アスファルトの道


森の
マグノリアが見える部屋には
新しい住人が来ただろうか

白い小鳥で一杯のように花を咲かせる
マグノリアの蕾は どの位 膨らんだろうか

森の雪は 解けたのだろうか

モミの新芽は芽吹き始めただろうか

すぐに吠える 洋館の
大きなシェパードさえも

ここにいると懐かしい。



こうして

私は自分の悲しい思いを繋げて
自分を不幸にするのが上手だ

辛いことに耐えるのが 良い事だと錯覚し

楽しく生活しようという姿勢が
自分にないことに  気付かない

自分が選択している憂鬱は
本当は、自分が求めているもの

森に住まない
可哀想な私は

自己憐憫には 必要で

森に住めない
不幸に耐える私は

自己陶酔には  不可欠だ

だから

「幸せになりたい」と言いながら

前向きな忠告は聞き入れない

目の前にある幸せも
決して 求めてはいないのだ

自分が 幸せを求めていないことにさえも
気がつかないでいるから

日々の暮らしは 幸せを避けて
通っていく

自分自身が 不幸を求めていることを 認めなければ

私は
幸せにはなれないのだ。

可哀想な私を望んでいること
それを 選択していること

その現実を受け入れること

それが 自分と向き合うと言うこと。


今日は 一日中ずっと雨

可哀想な私に
自己陶酔し自己憐憫していることさえ 気がついていなかった

あの頃の自分を思い出し

雨を見ながら

あの頃は 忘れない
だから
あの頃は思い出さない...と。


こんな性格だから仕方が無い
直す事なんて出来やしないと
時には、開き直り
だから どうだと言うんだと...


自分と向き合えずに
自分と向き合うことさえ知らず

自分を生きることなく、生きていた

そういう自分があるから...


私は ここにいる


私と同じように
生きている人達が
とてもたくさんいて
生き辛い人達が
とてもたくさんいるから


「大丈夫だ」と
「あなただけじゃないんだ」と

私は

伝えたいと思うのだ。


Blessing you...







[PR]

by mag-no-lia | 2014-03-13 19:11


<< 日曜日 深夜に      早咲き桜に >>